さいたま市大宮の訪問介護・居宅介護支援・介護タクシー

さいたま市 訪問介護・障害福祉サービスの愛ステップ大宮

文字サイズ

訪問介護
048-640-2201
介護タクシー
048-783-4670
居宅介護支援
048-783-4671

お問い合わせ

月~土
9:00~18:00

さいたま市 訪問介護・障害福祉サービスの愛ステップ大宮

採用情報

ホーム > 採用情報 > 社長インタビュー

社長インタビュー

求職者、応募者に伝えたい事や面接でよく質問されることをインタビュー形式でまとめました

Q
介護事業(訪問介護)を始めた経緯は?
A
介護事業(訪問介護)を始めた経緯は? 私がこの会社を創業した時(平成21年)には介護事業には全く関わっておらず、営業支援(顧客の営業活動をお手伝いする仕事)を主な事業としていました。当時の営業支援先に訪問介護事業をフランチャイズ展開している企業様があり、フランチャイジーの開拓等をお手伝いするうちに『こんなに人様にお喜びいただける仕事は自分でもやってみたい』という気持ちが自然と沸き上がり、介護事業の開始に至りました。人に介護事業を勧めることが会社としての業務でしたが、自分で介護事業を始めてしまったという笑えないエピソードが『愛ステップ』のスタートです。
Q
介護事業のミッション(使命)は何ですか?
A
大きな使命は2つあります。1つ目は介護サービスを通じて、利用者様とご家族様が安心感に包まれた在宅生活を過ごせるようにお手伝いをする事です。2つ目は働くスタッフが介護サービスを通じて、働く喜びと必要とされる喜び、認められる喜び、そして自己成長の喜びを感じて心豊かな生活を送れるようにする事です。
Q
社長の経営に関する考え方を教えてください?
A
細かい事は色々とありますが、大きな意味では社会から必要とされる健全な事業で利益を生み出し、その利益で①会社の成長への投資②従業員への還元をする事です。
中小企業にありがちな、社長が公私混同をして私腹を肥やしている様な事は一切ありません。そんな醜い姿は一緒に働くスタッフには見せられませんし、私が最もなりたくない社長の姿です。
事業開始当初の話を聞かせて下さい
Q
事業開始当初の話を聞かせて下さい
A
事業開始当初は、業界経験が全く無かった為に戸惑う事は多々ありました。私自身もヘルパーとしてサービスを担当させていただき、慣れない仕事ながらも一人のヘルパーとしても様々な利用者様と接する事が出来ました。そして、利用者様とご家族様に『ありがとう』、『また来てね』という温かい言葉をかけていただく度に、何とも言えない嬉しさを感じつつも『もっと上手にサービス提供をしたい』という気持ちになり、スタッフに色々と質問をしたり、介護技術の動画をかぶりつくように見ていた事を昨日のことのように思い出します。
また、愛ステップの介護サービスで利用者様とご家族様の表情が変わり、生活が変わっていく過程を目の当たりにして、『この会社がこんなに人様のお役に立てているのか』と感激し、手探りだった介護事業に手ごたえを感じ始めました。
Q
事業所名の『愛ステップ』の由来は?
A
愛は愛情、ステップは歩みを表現しています。『愛情を持って、利用者様・ご家族様・スタッフ・介護事業者様・地域の皆様と共に未来へ向けて歩んでいきたい』という思いで命名しました。我ながらセンスが良いなぁと満足しています(笑)。
Q
社長自身もヘルパーとしてサービスに出ていますか?
A
訪問介護、介護タクシー共にサービスを担当しています。ただ、会社の成長とともに、社長としてやるべき業務が増えてきた事と信頼できるスタッフがたくさんいるので、最近では担当するサービスが少なくなってきました。
また、普段は仕事に追われ、時間に追われて過ごしていますが、そんな時間の感覚を一旦リセットして、目の前の利用者様と一緒に過ごす、ゆっくりとした時間の経過も良い物だなぁ~とつくづく思います。
Q
社長が訪問介護サービスに出続ける理由は
A
社長が訪問介護サービスに出続ける理由は 組織の一員としてヘルパースタッフが足りなければ、私が訪問サービスに行くことは当然だと考えています。『社長なのにサービスに出ているのですか?』と他社の方に驚かれる事がありますが、社長だからやらないという社内の仕事は特にありません。Tシャツと短パンで入浴介助に行きますし、事務所のトイレ掃除もします。ただ、調理ができないので、調理の含まれた生活援助には行けませんが・・・。
また、常日頃から頻繁にサービスに出続けている訳ではないので、社長としての業務に大きな支障がある訳ではありません。そして、私はあまり器用ではないので、長い間サービス現場から離れて事務所で仕事をしているだけでは、この在宅介護事業で大切な事を忘れがちになります。台風の中でも普段通りに、当たり前にサービスに行ってくれるスタッフの気持ち。元旦から進んでサービスに行ってくれるスタッフの気持ち。利用者様のより良い生活の為に、様々な提案をしてくれるスタッフの気持ち。こういった事が見えなくなり、数字だけを見てあれこれ物を言う社長にはなりたくないと思います。私の今までの経験では、在宅介護の仕事は机上論だけでは上手くいかない事がとても多いです。今までもここで多くの失敗をしてきました。『社長は現場の事が全く分かっていない』と言われないようにしています。
Q
サービスの提供は年中無休ですか?
A
サービスの提供は年中無休です。これは創業時から一貫しています。排泄や食事等の身体的な介助や、通院時の介助が必要な利用者様に、『正月は休みだから何とかして』とはとても言えません。愛ステップは何のために在宅介護事業を行っているのか?それは利用者様とご家族様が安心感に包まれた在宅生活を送れるように支援するためです。スタッフには大きな負担をかけますが、ここは譲れません。
Q
採用に関して現在の考えを教えてください
A
介護業界に限らず、どの業界でも採用に苦戦しているようです。ですが、他の会社も苦戦しているから仕方がないという考え方は一切ありません。労働環境、待遇、やりがい、社風等の様々な面で求職者に選ばれる『魅力ある会社』にしていかなければならないと思います。一緒に働くスタッフが『この会社で働いて良かった』と感じられる企業文化を作り上げていく必要を感じます。将来的には求人を出さなくても『愛ステップで働きたい』という問い合わせが来る会社にしたいと考えています。
Q
愛ステップらしさとは
A
まだまだこれから企業文化を創り上げていくものだと思いますが、今思い浮かぶフレーズは『安心』、『信頼』、『思いやり』、『丁寧』、『マナー』、『自己成長』、『責任を伴った自由』といったあたりでしょうか。
Q
求職者にメッセージを
A
求職者にメッセージを どの会社にも良いところ、悪いところは必ずあります。何の不満もないイメージ通りの会社なんて恐らく存在しないでしょう。会社の悪いところばかりに目を向けて、ネガティブな気持ちで働くよりも、会社の良いところに目を向けて、ポジティブな気持ちで働きましょう。そして、会社の悪いところを一緒に修正していきましょう。
スタッフ間の人間関係も同じです。一緒に働くスタッフの良いところに目を向けて、互いの長所を尊重し合いましょう。一緒に働くスタッフの成長を期待して、悪いところを指摘し合いましょう。一緒に働くスタッフの活躍を共に喜びましょう。一緒に働くスタッフの努力を共に称えましょう。一緒に働くスタッフを共に励ましましょう。日々の仕事を楽しみ、会社の未来を想像して楽しめる、そんな企業風土を作り上げていきたいと考えています。
まだまだ発展途上な会社ですが、小さな会社を大きく発展させる喜びを共に分かち合いましょう。自分の力で会社が変わる。これを体感してください。愛ステップの可能性は無限にあります。そして、地域の皆様に必要とされ、働くスタッフが輝く会社を共に作っていきましょう。

ご応募・お問い合わせお待ちしております。お電話でのお問い合わせはこちら

提供サービス

愛ステップ大宮では利用者様とご家族の在宅生活を支える為に、様々な在宅介護サービス(訪問介護・障害福祉サービス・介護タクシー・居宅介護支援・保険外自費サービス)を提供しております。必要とされた時に必要な介護サービスを提供できる様、介護技術はもちろん、接遇マナー、サービス供給力と柔軟性を兼ね備えております。また、緊急時の対応力も在宅介護事業者には求められています。愛ステップ大宮では必要として下さる方のお役に立ちたいという一心で、可能な限り急遽のご依頼にも対応させていただきます。お問い合わせやご相談等、お気軽にご連絡下さい。経験豊富なスタッフが丁寧に対応させていただきます。


PAGETOP